MENU

PRINT CARRY

MENU

Interview

社員インタビュー

お客様の手間と現場のリスクを
最小限にしたい。

scroll

発送管理課 課長

向井 俊雄

職種:発送管理課 社歴:5年

2013年入社。
営業部を経て発送管理課へ。
お客様と現場の間に立ち、業務がよりスムーズに進行するよう、社内外にさまざまな提案を行っている。

新たな常識を作りたい。
その思いで入社を決意。

「ビニール封筒の封入作業の機械化に成功!」 そんなニュースを聞いたのは、プリント・キャリーに入社する前のこと。ビニール封筒は破れやすいため、手作業での封入が常識だったため耳を疑いました。この他にも、常識を次々と打ち破る会社としてDM業界では有名だったプリント・キャリー。次第に「自分も働いてみたい」と思うように。その矢先に声を掛けてもらい、二つ返事で入社しました。

お客様に最適なサービスを
みんなが真剣に考える会社です。

ある程度の規模になると、会社は部署ごとに仕事が分けられて仕事の全体像が見えなくなるということも珍しくありません。入社するまではプリント・キャリーも、そんな会社の1つだと思っていました。確かに部署ごとにしっかりと役割分担されています。しかし、部署を超えた会議やコミュニケーションはとても頻繁で、一人ひとりから互いに連携してよいサービスを提供しようとする姿勢を感じます。

一番のモチベーションはお客様と現場が喜ぶ声。

発送管理課はお客様から預かったデータを加工し、発送伝票を現場に渡すという役割を担っています。しかし、単純に伝票を出力するだけではありません。いかにお客様のデータ管理の負担と現場のリスクを減らせるかを考えて、ご提案するのも発送管理課の役目。私たちのご提案が直接お客様の評価につながることも多いので、1つひとつの仕事にとてもやりがいを感じています。

部署に関係なくみんなが挑戦する人をサポートしてくれます。

新たな挑戦を試みる時は、スムーズにいかないことも多々あります。もちろん、行き詰まりを感じることも…。そんな時は部署の人たちはもちろん、他部署の人たちも相談すれば必ずフォローしてくれます。だから、プリント・キャリーに入社してから、一人で悩んだことはありません。これからも失敗を恐れずに、仲間を信じてどんどん新しいことに挑戦していきたいと思います。

採用情報トップへ

↑

 

閉じる